HOME

現代の葬儀スタイルと言える一日葬とは一体何?

数珠

大切な家族を亡くした時に葬儀を行いますが、一日葬というのはご存知でしょうか。聞きなれない言葉だと思いますが、現在一日葬を行う方が増えてきているのです。今回は、その一日葬について解説します。
普通通夜から葬儀、告別式までを二日で行うのですが、一日葬は親しい人たちの間だけで、通夜を行わずに告別式と火葬を一日だけで終わらせてしまう葬式です。
通夜を行わないので、その時の飲食代がかかりません。さらに返礼品も一日分だけで済むので、普通の葬式よりも大幅に安く済ませられます。メリットはそれだけでなく、呼ぶ人も少なくて済むので華美な装飾も必要ありません。また、一日だけなので遺族の方々の負担も少なくて済みます。
費用を安く済ませられるので、経済的に余裕がないなんて方は特にうってつけです。それだけでなく、例えば「親戚が群馬にいて、群馬県からここは遠いので呼ぶのが気が引ける」なんて場合にもおすすめ。来てもらうのは一日だけなので、来てもらう方も負担なく済み、仕事を休んでもらう期間も減らせます。また体力的に一般葬儀は難しいなんて方も、一日で済む一日葬はおすすめです。体力の負担も減らせます。
ここまでの話で一日葬が気になった方は、群馬県の方なら「群馬」「一日葬」で検索し、対応している葬儀業者に依頼しましょう。