HOME

費用は葬儀の種類によって違う!

献花

大切な家族を亡くした時のために葬儀のことについて話し合うのは大切な事です。特に費用の面では、葬儀のためにお金を貯めておかないと希望通りの葬儀を開けなくなります。今回は、葬儀の種類ごとの葬儀費用について紹介します。
近親者と親戚などを呼んで行う一般葬儀の場合はおよそ一四五万円となります。近親者だけで行う家族葬の場合は九一万円です。通夜を行わず告別式と火葬を一日で行う一日葬は六三万円です。
そしてこれに、飲食費と返礼品費が入ってきます。二つの合計費用は平均六〇万円です。しかし、これはどのような葬式を行うか式の種類によって異なります。特に家族葬や一日葬は呼ぶ人数が少ないために飲食費と返礼品費は少なくなります。
しかし、一般葬儀の方が家族葬や一日葬よりも高くなるとは限りません。一般葬儀は参列者が多くなり、それに応じて香典の額も大きくなります。それを考えた場合、一般葬儀の方が安くなるパターンがあるのです。
費用を安く済ませたい場合は、例えば群馬県の方なら「群馬」「葬儀」「手頃」などとネット検索するのが良いでしょう。ちなみに、群馬県の葬儀費用の平均は一二九万円です。葬儀費用が具体的にどのくらいかかるかが気になる方は、葬儀業者に依頼する時に見積もりを出してもらうのが一番です。